2009年08月04日

朝の情景

s-DSC00068.jpg昨日の竹がこんな風に飾られていました。
手作りの素朴な七夕飾りが、風に揺れて良いですね〜
この他、近所の小中学校の校門と集会場に飾られていまし
た。明日は仙台七夕前夜祭の花火大会、広瀬川で打ち上
げられる花火は相当規模が大きく見事なもので、毎年交通
規制し・・・・道路や橋の上は人で一杯になる程です!
私ら仲間は、風写さんのマンションの一等席のベランダから
の見物なのです・・・・・後は天気が良くなる事を・・
カメラ 隣の諏訪神社で・・・クリックすると拡大します。

s-20090805.jpg今日の河北新報朝刊「声の交差点」欄に仲間の宍戸さんが
「手水」の事で投書していました・・・・
そこで隣の諏訪神社の手水舎を改めて見てきましたが・・・・
水を止めていたのでした(節水?)、まあ無駄にしないという事
でしょう?蛇口を開けたら水道水(笑)が出てきました・・・
まあ水は綺麗でしたが・・常に綺麗な水をたたえて欲しいと、
思うのは身勝手なのでしょうか・・・・・?

s-20090811.jpg神社の帰りに、裏の路地を通ったら一人の女性がコツコツと
道の草を丁寧に取っていました・・お声掛けしたら、「お盆が
近いから〜」との事・・・御近所の方とは思いますが、自分の
家とは関係ない路地を綺麗にしているのには頭が下がりま
した。
「手水」ではなく、この御婦人に「洗心」・・心を洗われました
ありがとうございます。
カメラ 写真をクリックすると拡大します。
posted by neosoul at 09:15| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきな七夕飾りですね。これぞ日本の文化です。飾りは氏子さん達が作るのでしょうか。
雑草刈り、父の姿が思い浮かびます。
広い園庭の掃除の他、隣の公園の掃除までしていました。何でそこまで、と思ったのですが、かつて一燈園での修行の実践を行っていたのでしょう。
妹夫婦の近くに越してきたしばらくの間、路地前の掃除までしていて、近所の人の関心を誘っていたようです。
いずれにせよ、禅寺の清掃が修行の一つであるように、正に「洗心」と言えるかもしれません。
Posted by kazu at 2009年08月04日 21:30
☆kazuさんへ
いつもコメントありがとう
昨日ブログに書いたように、町内の世話役やお年寄り達が集会場に集まり、作ります。
家のお婆ちゃんもひ孫と一緒に作ってましたよ。
私の生涯の恩師でもある、父上には多くの事を学びました、この頃やっとその教えを理解し私の思考の礎になって来ています。
禅の心=洗心 正にそうですね。
Posted by LYNX☆ at 2009年08月04日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。