2009年06月13日

運命の日の思い出


  s-2008_0613画像0006.jpg  s-2008_0613画像0002.jpg  s-2008_0613画像0009.jpg
カメラ 写真をクリックすると拡大します。
    
去年の今日13日は快晴で、栗駒山がいつもより異様なほど綺麗に見えていました。
ふらっとツーリングに出かけ、遠くに栗駒山を見ながら今日は栗駒に行こうと・・・・・・!
途中、国道4号線古川と築館の途中に有る蕎麦屋「京ヶ崎」TEL:0228-59-1447 月休
で昼食後バイクのエンジンがかからない!(この時はバッテリーではなく、イモビライザー
の読み取り故障でした)レッカー車で、ディーラーまで運び栗駒には行けませんでした。
折角行こうと思ったのに残念と悔やまれましたが、なんと翌日14日あの岩手、宮城、内陸
地震が起きました!
あの時、バイクが故障しないで栗駒山に行っていたら駒の湯に間違いなく寄っていただろ
うし、そこでバイクが故障していたらそこに泊まっていただろうと思うと・・・・・運命というもの
を感じました・・・・・・・だからこそ尚更、この地震の事は忘れられないし、被災された方々
の事が、私事のように感じられてなりません・・・まさに私にとって運命の日となりました。
posted by neosoul at 06:44| 宮城 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうでしたか…
実は私も昨年の地震前日に秋田にツーリングする時に398号線通りました。
本当はその翌日予定してましたが相方が都合つかず、やむなく変更したわけです。
花山峠通過は前日の地震あったその時間帯でした。
もし予定通りだったらと思うと今でもぞっとしますね。
同じく運命を感じている次第であります。
Posted by 菊池(K1100LT) at 2009年06月13日 20:58
「たら、れば」は、過去を振り返って、自分自身を慰めるときに使いますが、お二人の場合、ラッキーとしかいえませんね。あの時、あの飛行機に乗っていたら、ということも、よく言われます。
人間以外の何か力が働いていると思いますが、それは結果論。マシンのトラブルに何かの力が・・・
とは考えられないことです。
Posted by kazu at 2009年06月13日 23:19
(*゚Д゚) 鳥肌…。
まさに運命の日だったんですね。
御無事で良かったです。
Posted by zep at 2009年06月14日 16:45
そんなことが!?運命って不思議なものですよね…。
LYNX☆さんのように、生きる運命の人もいれば
亡くなる運命の人もいる。
何がそうさせるのか?わかりませんが
LYNX☆さんが無事でよかったです!

『生ある限り懸命に生きなければバチが当たる』
この記事を読んでそう思いました。
一日一日大切に生きようと思います!
Posted by yo-ko* at 2009年06月14日 17:20
☆kazuさんへ
まさに結果論かもしれません・・・が
論理的には計り知れない現象を、見極めることには限界が有るかと・・・神の存在を信じることも
しかり・・・なんて偉そうにね(笑)
☆zepさんへ
素直にそう思いました・・
☆yo-ko*さんへ
実は、私には“幽体離脱”の体験が有るのです。
一度死にかけたのではないかと思われる実体験が有るのです。
そして今ある命は、再び与えられたものとして大切に思い、日々感謝して過ごしているのです。
だからこそ、人との出会いや友人仲間たちとのかかわりを愛おしく思い大事にしたいと願っているのです・・・ちょっと大げさだったかな(笑)☆
Posted by LYNX☆ at 2009年06月14日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。